扶余定林寺跡五層石塔写し

扶余定林寺跡五層石塔写し

現存唯一の典型的な百済石塔
定林寺は、かつての百済王国を代表する四天王寺式伽藍配置の寺院です。
現在、五層石塔と高麗時代の巨大な石仏が残されており、五層石塔は7世紀前期に創建された朝鮮半島最古の石塔です。
別名「平済塔」と呼ばれ、この名の由来は初層塔身四面に、7世紀中頃百済を滅ぼした唐の将軍蘇定方の「大唐平百済国碑銘」が刻まれていることによるそうです。

カテゴリ
台付形石燈籠