平等院鳳凰堂前石燈籠写し

平等院鳳凰堂前石燈籠写し

宇治の平等院鳳凰堂前にある石燈籠は、
平安時代のものといわれていますが、実際に平安時代のものは基礎だけで、江戸時代に模作されたといわれてます。
模作と言えども、火袋は二枚の板を立てて作り、
前後が吹き抜けになっている点は、他に類例のない新しく美しい創意であると思います。
基礎の下に四枚の石で基壇が円形に造られています。

カテゴリ
台付形石燈籠